目的(目標)を見据えて働くスタイルが

男性が風俗業界の裏方として働く場合には、ただ漠然と働くのではなく何か目的や目標を見据えて働くことをオススメいたします。
なぜならばオーナーなどをのぞき風俗業界の男性スタッフの給与というものはあまり多いとは言えない事、長期的な社会保障や社会的信用というものに関しては皆無であることがあげられます。
また風俗店という流動的な商売を運営する側にとっても、自ら能動的に考えて企画し実行できないスタッフはジャマなだけで無用の存在といっても過言ではありません。
「生活の足し」「クルマのローンの返済期間だけ」といった小さな目標でも結構でありますが、そうした方々は目標額をクリアした時点で早々にご退場していただくほうが自身とお店のタメでしょう。
やはり風俗業界というものは一般社会と少々異なる業種になります、やはり一般人との価値観や貞操観念など諸々にズレが生じてくる業界です。
腰をすえてこの業界にいすわってやるぐらいの意気込みがある人しか実際には成功もしません。
片手間なキモチのスタッフがいるお店は、規律や士気が緩んですぐに嬢に感染してしまいます。
ひいてはサービスの低下や嬢のやる気不足につながり、客足が遠のいていくケースというのは多々あるのです。
たとえ従業員やスタッフとして働く男性たちも、将来は自分の店を持つぐらいの意気込みとやる気で参加してほしいのが風俗店の管理職たちの本心といえるでしょう。
お店が盛り上がれば自然と嬢だけではなくスタッフにも還元されます、俺のかわりはどこにでもいる程度の存在意義ではなく、俺がいないと店が回らないというオンリーワンの存在になれるような裏方スタッフとして働くことで人間関係・オーナーの評価・売上とすべてにおいて良い結果がでるはずです。
自分自身が風俗が大好きだから風俗業界で働きたいという単純明快な動機は大歓迎、アナタの風俗に向けた愛と願望をぜひとも業界でカタチにしていただきたい。
やりがいを感じながら仕事ができるということはこの業種に限らず幸せなことではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です