将来への希望は何か

風俗業界で働く男性には自らもやがてはお店をもってオーナーになりたい・グループにおいての上を目指したいという将来の夢や上昇志向をもって頑張っている人もいます。
わがままの多い風俗嬢の小言に日々さらされ、ときに嬢ごとの確執をとりもち、自己管理のできない女の子たちのお世話なども嫌な顔をせずに頑張ってオーナーや店長の心象を良くすればたとえヒラのホールスタッフであっても、グループ店の店長などの抜擢も夢ではありません。
どうせ働くならば「女の子よりも扱いは下だし」とふて腐れて働くよりも輝かしい未来を見据えて前向きに働きたいところでもあります。
アナタの希望が風俗業界とは別なところにあるならば、悪いことはいいません早めにこの世界から足を洗った方がよいでしょう。
実際にその程度のスタッフならば「替り」はいくらでもいますのでアナタが辞めてもお店は何も困らないハズです。
風俗業界もマジメに働く一つの「職種」ではありますが、やはり一般社会とは一線を駕した業界であります。
水商売や風俗産業はルーチンワークやシステムといったものは存在せず、日々対人関係の変化するナマの現場であり常に柔軟な対応と繊細な人間関係の扱いが必要とされる業界です。
お店を繁盛させていくには女の子確保だけではなく、お客やそのときそのときにあったニューズをスグに提供できる臨機応変な企画力が何よりも必要なのです。
そのためには風俗業界への愛がなければ決して続けられないでしょう。
ひとたび成功すれば20代といえども他人がうらやむような収入を得ることができるでしょう。
また働く現場には女性が多いために華やかさにあふれた職種であることも間違いありません。
大きな風俗グループで上を目指すのもヨシ、そうした大グループからノウハウを吸収しいつしか自分の風俗店を持つのを目指すのもアリです。
どうせ働くならば将来にビッグな目標を掲げて一目置かれる存在になるために頑張ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です